2014年04月19日

【マルイ】HK45カスタムパーツ【スライド分解】

こんにちはサンコーです

ついに発売になった東京マルイHK45

ぶっちゃけ本体の外観なりは各ショップがもうとっくに書いているでしょうw

なのでもう一歩進んだ情報をということでスライド分解してみました

説明書通りまずスライドを外します

そしてリコイルガイド、アウターバレルを外しブリーチを固定しているネジを外します



こんな感じで右手の人差し指、中指でスライドを軽く広げて左手に軽くコンコンと叩くとブリーチがあっさり抜ける

ピストンヘッドは雑誌等で書いてあった通りXDM、PX4などと同じYリングです



このYリング、夏場等高温になったときめくれて動作不良になったりするんですよね…

そんなわけでカスタムパーツに交換!



SD製PX4用アルミピストンヘッドです

気密が高くなったようでリコイルがよりシャープになりました

そしてアウターバレル


マイナスドライバーを軽く差し込みチャンバー&インナーバレルを引き抜きます

チャンバーはネジ3本外すだけなので省略

まずインナーバレル



HOP窓がカスタムパーツのようにかなり広く作られています

これは社外のHOPパッキンに変えてあげることにより性能を最大限に発揮できそうですね

そしてインナーバレル固定部分



上はマルイのGLOCKのインナーバレル

パッと見でわかるとおり切り欠き等がかなり違います

長さ的にはGLOCK P226用のインナーバレルが近いのですが互換はしません

カスタムインナーバレルに関してはKM企画さん、ライラクスさんがHK45用を作るのを待つしかないですね

HOPアジャストレバーも新しい形状になっております



今までのL型より剛性の高い構造なので確実にHOPがかけられそうですね

今回はこんなところで

以上『細長い眼鏡の店員』でした

Posted by サンコー株式会社  at 13:00 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。