2014年04月28日

室内戦にもトレーサーを!

こんにちはサンコーです

先日、東京都板橋区にあるASOBIBAさんの定例会に参加してきました

そして前回まだ設営途中だった1階フィールドが完成していたので見学させていただきました







1階フィールドはタイルカーペットにデスクが置いてある場所などオフィスのような感じがします

多めに配置された遮蔽物の中には移動可能な物もあるとのこと

シュチュエーションやゲームごとに場所を変えることにより毎回戦術を考えさせるような遊び方もできますね

かなりの近距離での戦闘が多くなるので玉は0.12gを使うのもありかもしれません

ちなみに私はマルイのM870を使うとき0.12gと0.2gを使い分けたりもします

0.2だと弾がまとまります、敵の隠れているバリケードを撃ち頭を止めたりいぶり出す時などに使えます

逆に0.12は弾が0.2より散るので咄嗟の発砲によるサイティングのズレをカバーしてくれます

出会い頭での発砲が多い室内戦では特に有効です

もちろん飛距離等は下がりますが室内フィールド等では無視できるレベルです




そして今回フィールドでトレーサーを使っている方がいました

薄暗い室内では発光弾が目立って面白い!

メインのライトを消灯しての暗闇戦ではさらに綺麗に弾道が見えました

うまくマルイのM870にトレーサーを入れられれば…

6発の発光弾が迫ってくるのはかなりの迫力になると思うんですがね~

トレーサーといえばこれ!


マッドブル トレーサーチャンバー!

M4系のチャンバーなのですがチャンバー自体にトレーサーの機能がついています

これで外観を変えることなく発光弾が撃てますね

あとマガジンチェンジ時のたまこぼれもおさえる機能がついてます

少数の入荷になりますのでお探しのかたはお早めに!


以上『細長い眼鏡の店員』でした

Posted by サンコー株式会社  at 17:58 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。